ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の青果 > まこもたけ

まこもたけ

地域:石川県 

 中華料理で高級な野菜として用いられる「まこもたけ」。味にクセがなく、食物繊維が豊富で低カロリーのヘルシーな野菜として一目おかれる存在だ。
 近年、石川県津幡地区では、減反政策で休耕田となった水田の有効活用と地域の活性化を目的に、まこもたけの栽培に力を入れている。湿田というまこもたけの栽培に適した土壌特性をいかし、平成9(1997)年よりまこもたけの栽培を開始。平成10(1998)年4月には「津幡まこも生産組合」が設立され、栽培面積を拡大。徐々に、津幡の特産品として定着していった。
 まこもたけは、和名「まこも」という中国原産のイネ科の多年生植物からとれる。水田で栽培される過程で、まこもの茎(根に近い部分)が、食用菌である〝黒穂菌〟の寄生によって肥大。その肥大した白く柔らかい茎の部分がまこもたけである。
 秋が収穫期で、石川県では9月下旬から10月下旬にかけてが旬となる。アクが少なくエグミが少ないので生でも食べられ、どんな料理にでも合う。ほのかに甘みがあり、焼く・蒸す・炒める・揚げるなど熱を加えることによりさらに甘みが増す。まこもサラダ、まこもごはん、まこも炒め、まこもの肉まき、まこもの天ぷら、まこものおろし揚げ、まこもの漬物など、多様な料理法で楽しむことができる。

まこもたけが旬の時期

まこもたけは、9月下旬~10月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

お問い合わせ

JA石川かほく 営農販売課 076-288-7555

ページの先頭へ

自然人Facebook