ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の青果 > 福井梅

福井梅ふくいうめ

地域:福井県 

 肉厚で種子が小さい良質の梅として「福井梅」は、全国的に高い評価を受けている。暖流の影響を受け、日本海三方五湖に囲まれる穏やかな気候の若狭町を中心に栽培されてきた。
 その歴史は古く、天保年間(1830~1843年)に植えられた「平太夫梅」と「助太夫梅」に始まる。明治初期ごろにその二種類の梅の品種改良が行われ、「紅映(べにさし)」、「剣先(けんさき)」が生まれた。「紅映」の方は梅干し、梅酒用に、「剣先」は梅酒やシロップ漬などに利用されている。特に、この紅映は南高梅など多品種と比べてミネラル分が豊富に含まれ、健康長寿ふくいが誇る逸品となっている。また福井梅は、昭和52(1977)年に来福されていた三笠宮妃殿下が梅酒をお召し上がりになったのをきっかけに、以来、三笠宮家を通じて、天皇家をはじめ各宮家に献上されている。

福井梅が旬の時期

福井梅は、6月上旬~7月上旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

お問い合わせ

JA三方五湖梅の里会館 0770-46-1501

福井梅を購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook