ホーム > 北陸三県おすすめイベント

編集部が選ぶ!北陸三県おすすめイベント

3月~4月のおすすめイベント

冬が去り、春が訪れ、花や若葉が映える季節になりました。

今年は暖冬傾向といわれましたが、北陸らしい悪天候の日も少なくありませんでした。
そんな厳しい冬も終わり、日に日に春を感じられる日が増えています。
今回は、春休みのお出かけが楽しくなるような体験イベントを中心にご紹介していきます。

北陸の各施設では他にも数多くのイベントが開かれています。
詳しくはイベント情報をご覧ください。

夜通し星空を満喫するためにまずはスタンプを集めよう!

「銀河の里キゴ山」の愛称で親しまれているキゴ山ふれあい研修センターでは、昨年好評だった「お泊まりスターウォッチング」を今年も開催(5月2~3日に開催予定)します!この日は無料で施設内に宿泊でき、一晩中、時間を気にせず星空が観察できるというレアなイベント。プラネタリウムで星空をバックに写真を撮影してもらえるお楽しみもあります。
イベントに参加するためには、4月14日(日)までに5個のスタンプを集めるのが必須で、「こども交流棟」「天文学習棟」「青少年交流棟」の3施設からなるキゴ山ふれあい研修センターで、5個のスタンプをゲットしてください(※スタンプは1日1個)。キゴ山の春を満喫しながらスタンプを集めて、5月のお泊まりイベントに是非参加してください!


前回は140人が参加しました

「キゴ山スタンプラリー」&「春のお泊まりスターウォッチング」

開催日時: 2019年5月2日(木)~3日(金・祝)
開催場所: 銀河の里キゴ山(キゴ山ふれあい研修センター)

イベント詳細はこちら

おすすめ一覧に戻る

古代のアクセサリー「まが玉」を根気よく磨いて作ろう

石川県埋蔵文化財センターでは、神秘的な輝きを放つ古代の装身具「まが玉」作り体験を通年開催しています。21日から始まる春休み期間中の体験は通常より大きな石を材料とし、体験時間も30分から1時間程度になるなどスケールアップ。石が大きい分磨くのにはかなりの根気が必要ですが、完成時の達成感もかなりのものです。一心不乱に玉を磨き、自分だけのアクセサリーを作ってみましょう!


この世で一つだけのまが玉ネックレスが完成!

いろ・色・まが玉づくり

開催日時: 2019年3月21日(木)~3月27日(水)
開催場所: 石川県埋蔵文化財センター

イベント詳細はこちら

おすすめ一覧に戻る

春休みは水族館へ!裏側を巡るツアーに新施設もオープン

越前松島水族館の裏側探検ガイドツアーでは、水族館の目玉「さんごの海」や「海洋大水槽」の裏側など、普段見られない施設が見られます。さらに、魚たちへの餌やりや専門の飼育員による生きものの奥深い解説も楽しめます。
また、越前松島水族館の開館60周年を記念して新設された「高級食材がいっぱい!海の幸タッチコーナー」が3月20日にオープン! 福井県を代表する高級食材・越前ガニをはじめ、伊勢エビ、ウナギなどの海の幸に触れることができます。


水族館の裏側には貴重な魚がいっぱい!

裏側体験ガイドツアー

開催日時: 2019年3月21日(木)~7月12日(日)
13時30分~14時30分
※開催日は土・日・祝日、春休み期間中は毎日開催
活動場所: 越前松島水族館

イベント詳細はこちら

おすすめ一覧に戻る

縄文遺跡の貴重な出土品を「虫干し」で展示

境A遺跡は、富山県朝日町のヒスイ海岸近くで見つかった縄文時代の遺跡です。作りかけのヒスイのまが玉や蛇紋岩の磨製石斧などが出土し、ここで暮らしていた縄文人の生活や産業が詳しく分かることから国指定重要文化財となっています。「春の虫干し展」では、遺跡の出土品の虫干し(所蔵品が傷むのを防ぐため、倉庫から出して外気に触れさせ、保存状態を確認すること)を兼ねて展示されます。めったに展示されない貴重な資料から、縄文人の生活の様子を思い描いてみましょう。
また、2019年度前期の企画展「古代へのとびら」では、旧石器時代から近代までの富山県の通史を、出土品からたどっていきます。1万年以上昔から続く富山の人々の暮らしに触れてみませんか?


「虫干し展」でしか見られない出土品を見に行きましょう

ミニ企画展「春の虫干し展」―重要文化財の風通し―

開催日時: 3月23日(土)~4月4日(木)
9時~17時
開催場所: 富山県埋蔵文化財センター

企画展「古代へのとびら2019」

開催日時: 4月16日(火)~9月19日(木)
9時~17時
開催場所: 富山県埋蔵文化財センター

イベント詳細はこちら

ミニ企画展「春の虫干し展」―重要文化財の風通し―

企画展「古代へのとびら2019」

おすすめ一覧に戻る

百花繚乱!チューリップと春の花を楽しもう!

春の砺波の魅力といえば、なんといってもチューリップ!チューリップ四季彩館と砺波チューリップ公園では、春の花が楽しめるイベントが数多く開かれます。
3月28日からはチューリップ四季彩館で「季節を彩る花々」がスタート。チューリップをメインに配し、春を彩るマーガレットやガーベラとのコラボレーションが美しい「ワンダーガーデン」が見どころです。
4月22日からはいよいよ「となみチューリップフェア」が開幕。会場を彩るチューリップの数は300万本にも上ります。期間中は特別企画展『チューリくんの自慢のコレクション展』が開かれ、皇室献上品種など、珍しいチューリップの展示も楽しめます。

今年のチューリップフェアのテーマは「笑顔咲く 彩りの春」(上)
春季特別企画展では咲き方が特徴的なチューリップなど、珍しい品種が展示されます(写真は2018年の様子)(下)

「季節を彩る花々」~春~

開催日時: 2019年3月28日(木)~5月8日(水)
9時~18時(最終入館は17時30分)※フェア期間中は8時30分~17時30分
開催場所: チューリップ四季彩館

2019となみチューリップフェア

開催日時: 2019年4月22日(月)~5月5日(日)
8時30分~17時30分(最終入園は17時)
開催場所: 砺波チューリップ公園ほか

春季特別企画展『チューリくんの自慢のコレクション展』

開催日時: 2019年4月22日(月)~5月5日(日)
8時30分~17時30分
開催場所: チューリップ四季彩館

イベント詳細はこちら

「季節を彩る花々」~春~

2019となみチューリップフェア

春季特別企画展『チューリくんの自慢のコレクション展』

おすすめ一覧に戻る

カヤックの上で贅沢なカフェタイムを

春から夏にかけて美しい新緑が映える九頭竜湖。いざカヤックに乗り、雄大な湖へ漕ぎ出しましょう!
ガイドが同行し、事前レクチャーもあるので未経験の方もご安心を。カフェタイムでは湖の真ん中で温かいスープを味わう贅沢な時間が過ごせます。また、早朝のプログラムでは運が良ければ水面にモヤが立ち込め、幻想的な雰囲気に出合えることも。風の音や鳥のさえずりを聞きながら、日常では味わえない体験をしてみましょう。


水上から九頭竜湖畔の景色が楽しめます

Café On Lake 新緑~初夏編

開催日時: 2019年4月13日(土)~8月30日(金)
①7時30分~9時15分 ②9時30分~11時15分
開催場所: ノーム自然環境教育事務所

イベント詳細はこちら

おすすめ一覧に戻る

ページの先頭へ