ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の青果 > 加賀つるまめ(加賀野菜)

加賀つるまめ(加賀野菜)かがつるまめ

地域:石川県 

 独特の香りとシャキシャキとした食感が特徴の野菜。ゆで上げられたつるまめはサラダや煮物にしたり、そうめんと一緒に炊き上げたりして食べられている。
 白花と赤花があり、金沢市で栽培されているのは白花である。つるまめとは石川県で呼ばれている名で、関西ではインゲンマメ、伊勢ではセンゴクマメなどと呼ばれているが、正式名称はフジマメ。収穫量が多く、「だら(ばか)ほどとれる」ことから「だらまめ」という通り名もある。
 フジマメの起源にはさまざまな説があり、栽培が始まった時代など詳しいことは分かっていないが、昭和20(1945)年頃には金沢で栽培が始まっていたといわれている。現在は花園地区で露地栽培されている。
 耐乾性に優れ、高温にも強いつるまめの生育温度は23~28℃。保水力のある土壌を好む。開花後10日~14日程度で収穫することができ、豆がさやの中で肥大しないうちに収穫してしまうのがおいしいつるまめを育てる秘訣。
 栄養価が高く、食物繊維が豊富だが、鮮度の劣化が早いので早く食べ切ったほうがよい。

加賀つるまめ(加賀野菜)が旬の時期

加賀つるまめ(加賀野菜)は、6月下旬~10月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

この食が体験できるお店

関連情報

ページの先頭へ

自然人Facebook