ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の青果 > 中島菜

中島菜ナカジマナ

地域:石川県 

能登野菜・能登伝統野菜の6品目のひとつ。旧中島町で食べ継がれてきたツケナ類の一種で、血圧の上昇抑制効果が高く、塩漬けにしても花を咲かすと言われる生命力のある野菜。来歴は不明だが、明治時代から栽培されてきた。独特のほろ苦さと辛みが特徴で、春先の野菜としておひたしや漬け物として各家庭の食卓で珍重されてきた。最近ではフリーズドライ製法による中島菜の粉末を使い、うどんやパスタ、プリンなどの登場している。

中島菜が旬の時期

中島菜は、11月上旬~4月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

お問い合わせ

JA能登わかば
http://ja-notowakaba.jp/

ページの先頭へ

自然人Facebook