ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の青果 > 五箇山合掌みょうが

五箇山合掌みょうがごかやまがっしょうみょうが

地域:富山県

 五箇山合掌みょうがは旧平村・旧上平村(現南砺市)の特産品で、紅色のつややかなみょうがである。日格差の大きい山間地で栽培されるため、香味が強く、身が締まったものになる。
 栽培が開始されたのが昭和50(1975)年頃。農協が長野県から早生の種苗を取り寄せ、希望する農家がそれを植え付けたのが始まりである。

五箇山合掌みょうがが旬の時期

五箇山合掌みょうがは、9月上旬~10月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

関連情報

ページの先頭へ

自然人Facebook