ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の青果 > 黒河マナ

黒河マナくろこまな

地域:福井県 

 敦賀市の南を流れる黒河川の最上流にある山(やま)集落で、なくてはならない野菜として作り続けられてきた「マナ」。高菜となたね類との自然交雑によりできたのではないかと言われているが、その来歴も定かではない福井の希少な伝統野菜である。
 マナは早春のとう(花の茎)を食べるが、長い積雪に気温上昇とともに各葉の間からツンツンと伸びだしたとうを柔らかい上部の葉とともに食用する。昔から、収穫には刃物を使わず、手で折り取ることが大事だと言われているが、これは手で簡単に折り取れる柔らかい部分がおいしいことと、あまり花茎の下から摘んでしまうと、各葉のつけ根から出てくる二番、三番獲りする芽を少なくしてしまうからでもある。これをおひたしや浅漬けにして、少しほろ苦い独特の風味が味わえる内に食するのを楽しむ。
 摘んできたばかりのマナを塩もみして、4、5日後に食べるのが一番美味だ。少し保存したい時は塩もみしたものをポリ袋に詰め、冷凍しておき、解凍後そのまま食べる。

黒河マナが旬の時期

黒河マナは、3月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

お問い合わせ

敦賀市山生産組合 0770-25-0369

ページの先頭へ

自然人Facebook