ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > 焼き鯖寿司

焼き鯖寿司やきさばずし

地域:福井県 

 酢飯の上に浜焼き鯖がのった押し寿しで、福井名物の焼き鯖寿司。今ではスーパーや高速道路のサービスエリアでも販売され、寿司屋や料亭、回転寿司、居酒屋などの飲食店のメニューとしても定番化されている。そんな中で新しい焼き鯖寿司が続々と登場している。〝福井特産のおぼろ昆布巻き〟は、浜焼き鯖を包み込む自家製米と福井特産のおぼろ昆布が特長の焼き鯖寿司である。ご飯の中にはボリュームたっぷりの浜焼き鯖が入っている。〝明太子入り〟は浜焼き鯖と明太子という驚きの組み合わせが、以外に良く合う。ピリッとした辛さがアクセントになっていて、プチプチとした歯ごたえも魅力。
 〝浜焼き鯖の創作寿司〟は浜焼き鯖に加えて、味噌で味付けした旬菜が入っている創作寿司で、食材が見事なまでにマッチしている。
 〝味噌味〟は特製味噌に約1週間漬け込んだ鯖が香ばしく、風味も豊かに広がり、後を引くおいしさ。
 〝ごはんの中にも「浜焼き鯖」〟は、ごはんの中にもほぐした鯖が入っており、余分な油を落として焼いた浜焼き鯖がのっている。

焼き鯖寿司が旬の時期

通年。

お問い合わせ

福井県農林水産部販売開拓課 0776-20-0422

焼き鯖寿司を購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook