ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > 富山ブラック

富山ブラックとやまぶらっく

地域:富山県

 富山ブラックとは、昭和30年ころに富山県富山市で誕生したご当地ラーメン。汗をかく肉体労働者のために塩分補給として、味の濃いスープの醤油ラーメンを作ったのがはじまりで、ごはんと一緒に食べることも意識され、塩辛いスープになったといわれる(当時はお客がご飯を持参するのが当たり前だった)。
 その後、徐々に市内の各ラーメン店でも提供されるようになり、「富山ブラック」の名も少しずつ知られるようになった。
 そして近年では、東京で開催されたラーメンショーで「富山ブラック」の店が連続優勝するなど、全国にも知られるラーメンとなり、カップ麺も登場するに至った。
 このラーメンの特徴は、とにかく真っ黒いスープである。代表的な店のものは大量のねぎとやわらかいチャーシューがトッピングされ、粗挽き黒胡椒がたくさんかけられ、独特の塩辛さのスープに麺は太めである。
 しかし、店によっては見た目とは違い、あっさりとしたスープのところもあり、一概には言えない。富山市民でも「塩辛くなければ富山ブラックじゃない」という人もいれば、「○○の富山ブラックはうす味でさっぱりしているから好き」という人も意外と多く、好みはは分かれる。
 最近、富山県入善町のエビみそを入れた「入善ブラウンラーメン」や、麺に唐辛子を練り込んだ「入善レッドラーメン」、富山県小矢部市のブランド豚を使ったとんこつスープの「おやべホワイトラーメン」などとあわせ、「富山カラーラーメン」と呼ばれることもある。

富山ブラックが旬の時期

通年。

関連情報

富山ブラックを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook