ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > たら汁

たら汁たらじる

地域:富山県

 スケトウダラは1年を通して獲れ、その中でも寒の時期、特に産卵を迎えた年内は、オスは白子、メスは真子がお腹にたっぷりつまっていて格別。そんなスケトウダラを使った名物料理がタラ汁で、もともとは沖に出た夫の帰りを待つ妻たちが、浜辺で作った漁師の朝食だった。スケトウダラは昭和30年代には船が沈むほどに獲れ、その頃からこの周辺の鉱泉に来た湯治客へ振る舞い始め、それが口コミで伝わって評判になった。しかし、いまではその水揚げ量も激減している。
 たら汁は、たらとささがきにしたごぼうとネギを入れ、味噌で味を調えるだけのシンプルな料理。だしは不要で、肝や骨、白子や真子からいいだしが出る。
 とろりとした肝や白子、プチプチした真子、ゼラチン質をたっぷり含む頭、淡白な身と、それぞれ違った歯ごたえ、味わいが楽しめる。

たら汁が旬の時期

たら汁は、12月上旬~2月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

関連情報

ページの先頭へ

自然人Facebook