ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > ほおば飯

ほおば飯ほおばめし

地域:福井県 

 その昔、田植えが終わるとそのお祝いのごちそうとして食べられた「ほおば飯」。熱いご飯にきな粉をまぶしほう葉で巻き、重石で押しただけという単純なものだが、きな粉ごはんとほお葉の香りが交ざり合い、なんともたまらない風味が食欲をそそる。
 またきな粉は、稲穂が実る稲花粉に似ていることから豊作を祈り縁起かつぎで使われたとされ、ほおば飯は農家の人の思いが詰まった食べ物である。

ほおば飯が旬の時期

ほおば飯は、5月上旬~5月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

お問い合わせ

福井県農林水産部販売開拓課 0776-20-0422

ほおば飯を購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook