ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > もみわかめ

もみわかめ

地域:福井県 

 もみわかめは、三国町の知る人ぞ知る特産品。ほろほろと軽いわかめの粉はビンに詰められ、家庭用のほか贈答品としても多く出回る。5月になると、岩場でとれた新鮮でおいしいワカメを、三国の町のあちこちでコモ(わらを編んだもの)の上にいっぱいに干されている光景を目にできる。太陽の熱でぱりぱりに天日干しされたワカメは、すぐにとりこまれて一家総出で手もみされ、ほどよい大きさになったところで一升ビンや2合ビン、4合ビンなどに詰められ出荷される。
 ほかほかのご飯にかけて食べるのが一般的で、ほのかな潮の香りがする。天然の塩味も最高だが、醤油をひとたらしするとまた格別。また、お吸い物などに入れるととてもおいしいダシがでる。

もみわかめが旬の時期

通年。

関連情報

もみわかめを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook