ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > 金沢カレー

金沢カレーかなざわかれー

地域:石川県 

 石川県金沢市とその近郊の洋食店・カレー専門店は、ほかの地域であまり見ない独特のカレーを提供しており、近年「金沢カレー」と呼称され全国的に広まっている。ボリューム満点で、とりわけ男性や若者から人気を得ている。
 金沢カレーの特徴は、「濃厚でドロリとしたルー」「ルーの上にトンカツが乗る」「つけあわせは千切りキャベツで皿の端に盛られる」などが挙げられる。昔から市民に愛され、洋食店で供され、カレー専門のチェーンを展開する店も出てきて徐々に広まっていった。
 器も変わっており、昔ながらの店はステンレスの皿を使う。そしてスプーンではなく、先割れスプーンまたはフォークで食べる。
「金沢カレー」という名前は近年呼ばれ出したもの。東京に出店したチェーン店が「金沢カレー」を呼称し、その名前がメディアに取り上げられるにつれ一般化していった。
 この独特なカレーの発祥ははっきりとは分かっていないが、「金沢カレーの元祖」を名乗る店の創業者が、当時経営していた洋食店で提供したカツカレーが原型という説がある。具体的な定義がないので、店ごとに味もトッピングも自由にアレンジしている。トンカツ以外にもチキンカツやウインナー、エビフライ、オムレツなどを乗せる店もある。さらにはスパゲッティにルーをかけた「カレースパ」を出す店も存在する。
 主に石川県で食されていたが、チェーン店の進出に伴い北陸三県や首都圏でもいただけるようになった。

金沢カレーが旬の時期

通年。

金沢カレーを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook