ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > はまなみそ

はまなみそ

地域:福井県 

 冬限定の福井のふるさとの味、はまなみそ。大豆を蒸煮したものに炒ったひき割小麦、または裸麦を加え、こうじ菌を培養したものや米こうじを加え発酵・熟成させもろみにして、揚げなすやしその実、白ごまなどを加えて調理したおかず味噌である。
 大豆を主原料とし、植物性たんぱく質を多く含み大変栄養価が高いため、冬の保存食として重宝された。ほんのり甘く、香味豊かでコクと深みのある旨みは大人の味わいである。酒の肴やあつあつのご飯によく合う逸品で、お餅やきゅうりにのせて食べるのも美味である。

はまなみそが旬の時期

はまなみそは、10月上旬~2月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

お問い合わせ

福井県農林水産部販売開拓課 0776-20-0422

ページの先頭へ

自然人Facebook