ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > なすとそうめんの煮物

なすとそうめんの煮物なすとそうめんのにもの

地域:石川県 

 金沢の夏のお惣菜としておなじみの「なすとそうめんの煮物」は、その名の通りそうめんを使った煮物。めん類というより、そうめんは汁を吸ってもったりとした食感となり、歯ごたえはほとんどなく具として食べる。
 作り方は非常にシンプルで、煮干しなどでとったダシ汁に切れ目を入れたなすを入れ、その後そうめんも一緒に煮ると完成となる。ダシ汁は煮魚の残り汁を使うことが多く、調味料等を無駄にしない、飾らない家庭料理といえる。そうめんは下茹でしても乾めんのままでもよく、またなすはそのままでもいいが炒めることもあり、残り汁を使う煮魚もなんでもよいなど、家庭・そのときどきによって味が違う。
 なぜそうめんをこのような煮物に活用したのか定かではないが、かつて石川県はそうめんの生産が盛んで、富山の大門そうめんの原型といわれる輪島の「白髪そうめん」(衰退したが近年復活)や、口能登の高松(かほく市)の「姉さまそうめん」(現在は衰退)などが入手しやすかったと考えられる。その食材と、夏の味覚であるなすを一緒に炊いたのが発祥と想像できる。
 いまもなお家庭の味として親しまれるほか、飲食店ではアレンジしたものも供していることも。素朴だが愛されるお惣菜といえる。
 なお富山県には、同じ具材をそのまま味噌汁に活用した「なすとそうめんのおつけ」という郷土料理がある。

なすとそうめんの煮物が旬の時期

通年。

ページの先頭へ

自然人Facebook