ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > コンカイワシ

コンカイワシ

地域:石川県 

 庶民的な魚の糠漬けとして愛される「コンカイワシ(米糠イワシ)」。雪国・北陸の暮らしの知恵からうまれた保存食で、糠漬けの熟成に必要な、乳酸発酵を促進させる高温多湿の夏の環境を巧みにいかした逸品である。
 近年、漁獲量が激減しているイワシ類も、昔は旬を迎える春になると、能登から加賀の海域で大量に水揚げされていた。なにせ傷みやすい魚のこと。一時に集中して獲れるため保存に困り、塩漬けにしたイワシ類を更に糠に漬けるという方法で保存を試みたことからコンカイワシがうまれたそうだ。
 大量に作られたコンカイワシは、不漁期や冬のタンパク源として重宝されるようになり、海から遠い山村にも運ばれ、貴重な保存食となった。同時に、漁村の人々にとっては換金できる商品としても貴重なものだったようだ。
 食べ方は幅広く、コンカイワシ単体では、ぬか付きのまま軽く焼いて食べたり、糠を洗い落とし薄切りにした刺身を酢やレモン汁につけて食べたりする。刺身に、ねぎやおろししょうがといった薬味を用いたりもする。また、そのまま輪切りにして食べる人もいる。
 また、石川県にはコンカイワシを使った様々な郷土料理がある。能登地方にはコンカイワシに白菜やきのこの塩漬け、さらに大根・ネギなどの生鮮野菜を入れ、粕煮にした「ベカ鍋」。白山地方には、野菜の漬物とコンカイワシを煮込む「イジイジ鍋」が伝わる。その他、ホタテ貝の殻に野菜とコンカイワシをのせて焼く「コンカイワシの貝焼き」、宇出津の神祭・いやさか祭りのもてなし料理で用いる「コンカイワシの笹の葉ずし」など、利用範囲も広い。

コンカイワシが旬の時期

通年。

コンカイワシを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook