ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > ソースカツ丼

ソースカツ丼そーすかつどん

地域:福井県 

 一般的にカツ丼というと、誰もが揚げたカツを卵でとじたものを想像する。しかし福井では、カツ丼といえばソースで食べるソースカツ丼である。
 福井のソースカツ丼の歴史は大正時代にまでさかのぼる。福井市内で元祖ソースカツ丼の味を守り続けている高畠範行氏の祖父・高畠増太郎氏がドイツ・ベルリンの日本人倶楽部で6年間の料理研究を終え、明治45(1912)年に帰国。ドイツ仕込みのウスターソースを日本人向けに創案し、翌年の大正2年に東京で開かれた料理発表会にて日本で初めて披露したのが「ソースカツ丼」だといわれている。
 一見すると温かいごはんに、ソースをつけた(または浸した)カツをのせただけのシンプルなものだが、甘みと酸味が醸すまろやかな口当たりは、実に奥が深く、老若男女から愛され、都会から訪れる著名人も少なくない。

ソースカツ丼が旬の時期

通年。

お問い合わせ

福井県農林水産部販売開拓課 0776-20-0422

ソースカツ丼を購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook