ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > ます寿し

ます寿しますずし

地域:富山県

 富山の名物として人気のあるます寿し。しかし、富山ます寿し協同組合に加盟する店だけで14軒もあって(県内では30軒以上あるといわれる)、それぞれの店が秘伝の作り方で自慢の味を競い合っていることは意外と知られていない。
 江戸時代、富山藩士の吉村新八なるものが富山藩主および八代将軍吉宗に鮎寿しを献上して称賛を受け、それ以降献上品となった。これが後にマスを使った早ずしに変わっていったものと考えられている。そのような歴史から、ます寿しは今でも進物として使われることが多い。
 ます寿しの鱒はサクラマスを使う。本来は神通川で獲れたものを使っていたが、漁獲量は年々減少し、明治の最盛期160tあった年間漁獲量は平成18(2006)年、わずか0.5tにまで落ち込んでしまった。幻と化した県内産のサクラマスから、近年では北洋産に変わった。サクラマスはその名のとおり、桜が咲き始める頃に川を遡上してくるため、春を象徴する魚として富山県民に親しまれてきた経緯があり、桜の花を思わすサクラマスのピンクの身には待ちわびた春を想像させ、喜びをもたらすものであろう。ます寿しはかつて、そんな春を代表する季節限定の味覚だった。
 富山駅前の「いきいきKAN」では、要予約で毎週金曜日に「ます寿し作り体験」を行っており、旅の思い出作りに一役買っている。

ます寿しが旬の時期

通年。

ます寿しを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook