ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の郷土食 > 焼き厚揚げ

焼き厚揚げやきあつあげ

地域:福井県 

 1世帯あたりの油揚げ類消費全国1位を誇る福井の名物料理。もともと浄土真宗の門徒たちの行事である報恩講料理に厚揚げが使われ、報恩講の昼食時には必ず油揚げ料理が添えられていた。その他、お祝いの席にも厚揚げ料理が出されるようになり、いつしか一般家庭にも広まったとされている。
 分厚い厚揚げを焼き、その上に大根おろしやネギなどをのせ醤油をかけて食べる焼き厚揚げは県内の居酒屋などで定番となっている。そのほか、味噌汁、煮物、炒め物、炊き込みご飯など、あらゆる料理で使われ、福井県民の家庭料理にはなくてはならない食材のひとつである。

焼き厚揚げが旬の時期

通年。

お問い合わせ

福井県農林水産部販売開拓課 0776-20-0422

焼き厚揚げを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook