ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の魚介 > 若狭がれい

若狭がれいわかさがれい

地域:福井県 

 若狭湾の沖合は暖流と寒流が交わり、豊富なえさが流れ込むため、魚たちの絶好のえさ場となっている。脂ののった若狭がれい(ヤナギムシカレイ)もそんな豊かな漁場で獲れる。福井県では毎年9月から翌年の5月頃まで底引き網漁が行われるが、漁で捕れたカレイは地元で「一夜干し」に加工される。
 「寒風でさっと干し上げるのがコツ。日によっては半日で仕上げるときもある。ぬくい(生温かい)風はおいしくならないね」と地元の業者が長年の経験をもとに語るように、極上の干しガレイを作るには天候も大切である。
 皇室に献上する12月は、お歳暮の時期とも重なって出荷のピークを迎える。中でも、透き通った身にピンクの卵巣を持った子持ちガレイは、脂ののった格別の一枚。これを軽く火であぶって食べる、通もうなる逸品で、江戸時代後期の書物『日本山海名産図会』でも「雲上の珍美」と絶賛されている。

若狭がれいが旬の時期

若狭がれいは、9月上旬~1月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

お問い合わせ

福井県漁業協同組合連合会販売企画課 0776-24-1203

若狭がれいを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook