ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の魚介 > 赤西貝

赤西貝あかにしがい

地域:石川県 

 主に七尾湾とその周辺海域で獲れる巻き貝で、旬は夏。身は名前のとおりの鮮やかな赤色をしている。
 ワタには強い渋みがあり、貝殻のまま調理すると身にワタの渋みが回ってしまうので、身を取り出してワタを除いてから調理する。食べたときのコリコリとした歯ごたえと、口いっぱいに広がる磯の香りが魅力で、地元のお寿司やさんでは観光客にも人気のネタだ。このほか、刺身や、わかめやキュウリなどとあえた酢の物で食べるのが一般的。
 この貝は、七尾ではアカニシと呼ばれるが、標準和名はコナガニシといい、標準和名のアカニシガイとは別の種類である。

赤西貝が旬の時期

赤西貝は、6月上旬~8月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

ページの先頭へ

自然人Facebook