ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の魚介 > ノドグロ

ノドグロのどぐろ

地域:福井県 石川県 富山県

 ノドグロとは、スズキ目スズキ亜目の魚・アカムツのことで、北陸ではこの呼称または「ノドクロ」と呼ばれることが多い。「白身のトロ」といわれるほど脂がたっぷりのり、秋から冬ごろには体脂肪率が20%を超えるといわれる。クセがない味わいで、旬以外でも十分脂がのっているのが特徴だ。脂は身に均一に分布しているため、小型のものでもその味が楽しめる。生でも焼いても煮てもおいしくいただける。飲食店で特にポピュラーなのが塩焼きだ。脂が適度に落ち、少量でも満足感がある。刺身にしても美味で、皮と身の間にも脂があるのではがさずに皮だけあぶるのがおすすめだ。
 ただし漁獲量が少ないため、高級魚として重宝されており、北陸の飲食店でも入荷があれば提供しているが値段が高い傾向にある。また一夜干しにしたものなら、市場などで比較的簡単に購入できる。
 その通称は、「のど」が「黒」いことからついたとされる。また標準和名のアカムツのムツは、阿波弁で“脂っこい”の意味である「むつこい」からきていると考えられている。釣り愛好家にとっては幻といわれるほど珍しく、水深100~200mほどの海に生息している。主に新潟以南の日本海側で漁獲される。体長は大きいもので50cmほどまで成長する。

ノドグロが旬の時期

通年。

お問い合わせ

石川県漁業協同組合 076-234-8815
http://www.jf-net.ne.jp/ikgyoren/

富山県漁業協同組合連合会 076-432-6222
http://www.tomigyo.com/

福井県漁業協同組合連合会 0776-24-1203

ノドグロを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook