ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の魚介 > 岩ガキ

岩ガキいわがき

地域:福井県 石川県 

 岩ガキ(岩牡蠣)は夏ガキとも呼ばれるように夏場が旬のカキで、海底の岩に付いて成長する。食べごろは6月下旬から8月上旬まで。一般的に冬場が旬のマガキよりも大きいものが流通し、身が硬めで濃厚な味がするとされる。石川県羽咋市柴垣海岸、福井県小浜市若狭湾でとれるものが有名である。
 食材としてのカキは「海のミルク」に例えられるほど栄養価が高く、鉄分やビタミン類を多く含む。また旨味成分であるグリコーゲンも含んでいる。
 食べ方としては、レモン汁を搾るか酢ガキにして食べる生食を中心に、網の上で殻ごと焼く焼ガキなどが一般的である。その他にも、沸騰した湯にくぐらせて氷水に入れ、水気を取ってから切り分けてわさび醤油で食べたり、軽く焙って燗の日本酒に入れたカキ酒としたりなどの楽しみ方が地元の食通から紹介されている。

岩ガキが旬の時期

岩ガキは、6月上旬~8月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

この食が体験できるお店

関連情報

岩ガキを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook