ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の魚介 > 鮴

ごり

地域:石川県 

 金沢の郷土料理には欠かせない小魚「ゴリ」。金沢では、浅野川犀川で獲れるカジカ科のカジカと、河北潟で獲れるハゼ科のウキゴリをまとめてゴリと呼んでいる。
 ゴリは加賀藩時代にも珍重されていた。浅野川犀川を漁場に、二人一組で、ブッタイという三角の竹笊と、ゴリ押し板を使って石の下に隠れた俊敏なゴリを追い出す〝ゴリ呼び〟漁は金沢の風物詩となっていた。昭和の初めごろまでは盛んに漁が行われていたが、ゴリの生育環境の変化にともない、今ではゴリ呼びの姿を見ることも無く、ゴリは貴重な食材になっている。
 カジカ科のゴリは主に、刺身や唐揚げにして食べられる。刺身はみずみずしくさっぱりとした味わいで、唐揚げは一匹丸ごと揚げられ、香ばしい風味を楽しめる。その他、細めのゴボウのささがきを入れてつくる白味噌仕立ての「ゴリ汁」にも使われる。また、ハゼ科のゴリは、しぐれ煮や、醤油や水飴などを使い甘辛く煮詰めた佃煮にされ、酒の肴やお茶うけにされるなどして、親しまれている。「ゴリの佃煮」は、金沢の名産品としても広く知られている。

鮴が旬の時期

通年。

この食が体験できるお店

鮴を購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook