ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の魚介 > 鯉

こい

地域:福井県 

 ラムサール条約に登録されている三方湖。そこで行われている「たたき網漁」は、冬の若狭の風物詩となっている。たたき網漁は、水温が下がり湖の底で動きが鈍くなった魚を、青竹で水面をたたくことで脅かし、網に追い込むといった漁法。古くは大正末期から行われていたといわれ、若狭に伝わる伝統的な漁法である。ここで漁獲されるのが冬の寒さで身が締まった鯉である。大きいもので体長1mのものが獲れるときもあり、この時期に獲れる鯉は、脂がのっていて、洗い、鯉こく、甘露煮などで食べるのが美味。

鯉が旬の時期

鯉は、11月上旬~12月下旬が旬の時期です。

※カレンダーは、北陸で一般的によく食べられる時期の目安です。その年によって食べられる時期が変わる場合があります。

お問い合わせ

社団法人若狭三方五胡観光協会 0770-45-0113

ページの先頭へ

自然人Facebook