ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の和菓子 > いも菓子

いも菓子いもがし

地域:石川県 

 さつまいもをかたどった和菓子。白あんを、シナモン(ニッキ)がたっぷりついた皮でくるんで焼き上げたもの。あんにはいもの繊維に似せた筋を入れるなどの凝りようだが、原材料にイモは一切入ってない。石川県珠洲市の名産品として知られる。
 大正8(1919)年に創作されて以来、長きにわたって製法を変えずに製造されている。あんを皮でくるんでからシナモンをふり、いもの形に整え、串に刺す。それを焼いたら串から外し、完成となる。いもを思わせるホクホクとした食感と、シナモンの風味、白あんの甘さが魅力だ。素朴で懐かしさを感じる味と形容され、奥能登・珠洲の風情をそのまま映した菓子とも評される。

いも菓子が旬の時期

通年。

関連情報

ページの先頭へ

自然人Facebook