ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の和菓子 > がや焼き

がや焼きがややき

地域:富山県

 「がや焼き」は富山に古くからある焼き菓子のひとつで、南砺市城端地区の銘菓として知られる。平家一門が五箇山に逃れたとき、カヤの木の実を食につかったことが「がや焼き」のはじまりと伝わる。がや豆、かや焼きとも呼ばれ、カヤの実をすりつぶして小麦粉などと混ぜ合わせ、まるくしたものを硬く焼いて砂糖をかけていく。カヤの実独特の風味が活きた、昔から変わらない素朴な味が人気。ほとんどのお店で手作りされており、地元の人に長く愛され続けられているお菓子である。

がや焼きが旬の時期

通年。

お問い合わせ

城端観光協会 0763-62-1821

ページの先頭へ

自然人Facebook