ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の和菓子 > しばふね

しばふね

地域:石川県 

 ショウガと砂糖で味付けされた甘いせんべい。舟に見立てて小判型になっており、少し反り返っている。表面にはショウガ蜜が塗られ、甘みの中にピリリとしたショウガの辛みがあり、さわやかな後味が楽しめる。ショウガ風味のせんべいは全国にあるものの、「しばふね」の呼称は金沢市特有のもの。
 小麦粉と砂糖でできた種をせんべいに焼き上げてから反りをつけ、砂糖とショウガをまぜた蜜を塗りこみ、時間をかけて乾燥させれば完成。歴代の加賀藩主が愛したといわれており、現在も広い世代に親しまれている。
 今では小判型が最もポピュラーだが、大型や小型、ねじった形など様々なバリエーションがある。ショウガ蜜は、刷毛で塗ったり蜜に漬けこんだりするなど、店によって製法が違う。

しばふねが旬の時期

通年。

関連情報

ページの先頭へ

自然人Facebook