ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の加工食品 > 棒茶

棒茶ぼうちゃ

地域:石川県 

 石川県、特に加賀地方で広く飲まれている「棒茶」。このお茶が普及したのは明治半ばぐらいからといわれる。当時、商品にならなかった二番茶の茎に目を向け、一般庶民向けの手頃な価格のお茶として商品化されたのがきっかけだ。
 棒茶とは、茎のほうじ茶のことで、通常のほうじ茶とは違い、お茶の茎の部分だけを原料にしたものだ。浅く均一に、きつね色になるまで炒って作られる。葉のほうじ茶にない独特の香ばしさが特長で、食事から甘いお菓子まで、何とでも相性がよいお茶だ。
 加賀市には、製茶奨励政策を進めた前田藩政の時代に創業した老舗の製茶場がある。昭和58(1983)年、石川県で全国植樹祭が開催された際、昭和天皇がご宿泊されたホテルからの依頼をきっかけに、この老舗から最高の棒茶がうまれた。昭和天皇がお気に召され、お持ち帰りになられたその棒茶は、一番摘みの上質の茎を使用し、香ばしく澄みきった味に仕上げられた逸品だ。以来、「献上加賀棒茶」として商品化され、地元でも人気を得ている。
 このように、庶民的なものからこだわりの最高級品まで幅広く飲まれている棒茶。飲むだけでなく、料理にも活かされるなど、今も多くの人に愛されている。

棒茶が旬の時期

通年。

お問い合わせ

加賀市観光情報センター KAGA旅・まちネット 0761-72-6678

棒茶を購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook