ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の加工食品 > すいぜん

すいぜん

地域:石川県 

 テングサを煮てもち米の粉を入れ、おりに流して固めたもの。輪島独特の精進料理で、刺身がわりに食される。
 厚さ3mm、幅2cmほどの短冊状に突き出し、輪島塗の器に、菊水、きんちゃく、輪花(りんか)など、思い思いの意匠で盛りつけられる。
 見た目は白っぽいトコロテンのようだが、すりごまに味噌と黒砂糖を加えたごまだれをつけながら食べると、寒天にはないコシの強さと、テングサ独特の風味が味わえる。
 昔は各家で作っていたもので、葬式の際は、すいぜん用のごまをするのは男衆の役目であったという。最近は家庭ではほとんど作られなくなった。

すいぜんが旬の時期

通年。

ページの先頭へ

自然人Facebook