ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の加工食品 > もみいか

もみいか

地域:石川県 

 するめいかの丸干しの別名。主に石川県能登地方で生産される。一般的なスルメと違い適度に柔らかく、いかの内臓を取り除かずに干す。いかの内臓の妙味と身のうまみが同時に楽しめ、酒の肴として人気が高い。ご飯のおかずにも合う。
 もみいかは、軽く火であぶって輪切りにしていただくのが一般的で、手でちぎって食べるのが一番おいしいという。あぶると、中のワタがトロリととろける。
 干す前に、塩を使ってむしろの上で〝もむ〟ことからこの名がついた。また、干す前にいしる(いかの内臓で作った魚醤)に浸すこともある。一夜干しにすることが多いが、乾燥状態は品によって異なる。

もみいかが旬の時期

通年。

もみいかを購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook