ホーム > 知られざる北陸の食 > 北陸の加工食品 > いかとんび串

いかとんび串いかとんびぐし

地域:石川県 

 「いかとんび」とはイカの口の部分の通称。イカ一パイから一個しか採れないこの珍味は、能登地方でも昔からイカ釣漁師の間で食べられていた。
 そのいかとんびから固い嘴を取り除いて複数個に串を通して商品化したものが「いかとんび串」として現在、全国で流通している。
 初めて全国に向けて発売されたいかとんび串は能登で生産されており、能登町で取水している海洋深層水で下ゆでされている。これによって塩味をつけると同時に冷めても柔らかいまま味わえるようになった。この一連の製法は、石川県いか釣生産直販協同組合で特許を取得している。

いかとんび串が旬の時期

通年。

お問い合わせ

石川県いか釣生産直販協同組合 0768-62-3673

いかとんび串を購入する

ページの先頭へ

自然人Facebook