ホーム > おでかけガイド > 北陸の日帰り温泉ガイド > 富山県の温泉 > 八尾ゆめの森 ゆうゆう館

疲れも吹き飛ぶ 富山県の日帰り温泉ガイド

八尾ゆめの森 ゆうゆう館

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
入浴料 大人610円 小学生310円 未就学児無料 ※回数券あり
営業時間 9:00~22:00
休館日 水曜日(祝日の場合は翌日) 、越中おわら風の盆期間中(9月1~3日)
近くの観光地 八尾
住所 富山県富山市八尾町下笹原678-1
お問い合わせ 076(454)3330 ホームページ

Dr.若井の温泉レビュー ※記載内容は取材時のものです。

 越中おわら風の盆で有名な富山県八尾町〈現在は富山市八尾町)。坂の町としても有名で、しっとりとした街並みが続きます。
  ところがじっくりと観察してみると、一見古そうに見えた街並みを形成する家々は意外と新しいことに気がつきます。
  風の盆の期間中に全国から押すな押すなの観光客が訪れるこの町ですが、「せっかく来てくれるんだからきれいな町を見てもらおう」と住民一人一人が自発的にしかも自腹で、自分の家を「風の盆のイメージ」にあったものにリフォームし始め、それがみるみる広がって、このように昔風の街並みが完成したという、実にユニークなところ。
  ちなみに通りの途中にあったコンクリート造りで良くありがちな郵便局も、誰が仕切るわけでもなく、徐々に整備されていく住民パワーに押し切られたか、「それらしきたたずまい」に化粧しているのが、どこかほほえましい。

 

 人混みと渋滞が苦手な私は当然(!?)、風の盆はいつも曳山会館のビデオで楽しみ、ン十万の観光客が押し寄せることが想像もつかない静かな坂道の散策を楽しんでいます(実際は運動不足で坂道にあえぎながら……)。

 

 そんな八尾にもおすすめの温泉があります。

 「八尾ゆめの森 ゆうゆう館」と名付けられた温泉施設で、日帰り入浴の他、体験農園や体験工房、宿泊施設、会席宴会が楽しめるレストランなどがあります。

 

 大浴場は「おわらの湯」と「曳き山の湯」と名付けられた2つがあり、日替わりで男女が入れ替わるそう。お湯はわずかに白く濁っています。

 私は「おわらの湯」しか入ったことがありませんが、ここの露天ぶろには岩風呂の他、一段高い位置に一人が入ったらいっぱいになる木桶の浴槽があり、独り占めしてゆったり景色を楽しめます。あまりに気分が良いので思わずしばらく寝てしまいました……。

 レストランの他、セルフサービスの麺コーナーもあり、腹ごしらえもお好み次第。地元の特産品販売コーナーもあります。

 

 先に述べたとおり、八尾は坂の町。それだけに町の散策はかなり疲れます。

 そんな疲れをすっきり取り去ってくれるありがたい温泉です。

(若井)

※情報内容は変更されることがありますので、おでかけの前にご確認ください。

おすすめ商品

ページの先頭へ

自然人Facebook