ホーム > おでかけガイド > 北陸の日帰り温泉ガイド > 富山県の温泉 > 境鉱泉

疲れも吹き飛ぶ 富山県の日帰り温泉ガイド

境鉱泉

泉質 重炭酸鉄泉
効能 リウマチ、神経痛 など
入浴料 大人450円 小学生200円 未就学児100円 ※他割引あり
営業時間 8:00~21:00
休館日 第2・4月曜日
近くの観光地 宮崎海岸
住所 富山県下新川郡朝日町境307
お問い合わせ 0765(82)0658 ホームページ

Dr.若井の温泉レビュー ※記載内容は取材時のものです。

 今回はちょっと遠征して、新潟県との県境に近い、富山県朝日町の温泉を紹介します。 朝日町というと有名なのがヒスイ海岸ですね。正直、「ヒスイ海岸なんて名前ばかりで、ヒスイなんかめったに落ちてないだろう」と高をくくっていました。ところが、海岸を丹念に探すと、これが結構あるんですね。
  それらしい(?)石が……。
  ちなみに、鉱物に詳しいひとから聞いたのですが、福井の海岸では黒曜石やメノウが拾えるとか。改めて見ると、北陸の海岸って宝の山なんですね。
  朝日町というと「たら汁」が名物で、町中で「たら汁」の看板を見かけます。そんな中で気になったのが「たら汁ラーメン」という看板。たら汁とラーメンがあるという意なのか? はたまた、たら汁にラーメンが入ったものなのか? もし後者だとしたら興味津々。残念ながら時間がなくて食べることはできませんでしたが、もしご存じの方がいましたら、教えてください。
  さて、本題に入りましょう。ヒスイ海岸の目の前には、日帰り入浴ができる温泉がいくつかあります。そのひとつ、境鉱泉という温泉に入ってきました。
  ものの本を見ていたら、泉質は「重炭酸鉄泉」を書いてあり、ナトリウム-塩化物泉が多い石川県に住んでいると、非常に興味をそそる泉質ではありませんか。
  さて、国道8号線に面したこの温泉。浴室は一見何の変哲もないように見えます。しかし湯船に浸かって上を見上げると、一抱えはある太い梁が渡してあり、タイル張りの近代的な浴槽とのギャップにちょっと驚きます。
  鉄泉ならではの赤茶色の湯は優しい感触で、しかも炭酸を含むため、いつまで経っても体がぽっかぽか……。とそこまでは良かったのですが、もともとは湯治場だったというこの温泉を侮っていました。それからの数日、ぽっかぽかというより、体が熱っぽく、しかもだるさまでもともなうようになって来ました。
  ご存知の方も多いでしょうが、本当に効く温泉とは、最初入ると体の悪いところが出てきて、だるくなったりするそうです。「だから入浴方法を守らないと大変な事になる」そんな話を思い出しましたが、後の祭り。悪いところが中途半端に放出されて、悪いままに帰宅してしまったのですから……。でも、裏を返せば、この境鉱泉は非常に薬効が高い温泉といえます。
  皆さんも湯治温泉のひとっ風呂には気をつけてくださいね。

(取材:2004年5月 若井)

※情報内容は変更されることがありますので、おでかけの前にご確認ください。

おすすめ商品

ページの先頭へ

自然人Facebook