ホーム > おでかけガイド > 北陸の日帰り温泉ガイド > 石川県の温泉 > 白峰温泉総湯

疲れも吹き飛ぶ 石川県の日帰り温泉ガイド

白峰温泉総湯

泉質 ナトリウムー炭酸水素塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病
入浴料 大人650円 小学生350円 3歳以上250円 ※回数券、他割引あり
営業時間 平日12:00~21:00 土日祝日10:00~21:00 ※受付は営業終了30分前まで
休館日 火曜日、年末年始(12月31日、1月1日)
近くの観光地 市ノ瀬、白山、白山恐竜パーク白峰
住所 石川県白山市白峰ロ9
お問い合わせ 076(259)2839 ホームページ

Dr.若井の温泉レビュー ※記載内容は取材時のものです。

 ナトリウム-炭酸水素塩泉はなかなか珍しい泉質という。無味無臭だが肌がぬるぬるすべすべする。白峰温泉には1号源泉と2号源泉があり、この総湯は2号源泉を使用している。1号は白山市営の宿泊施設「御前荘」や日帰り温泉施設「白山天望の湯」が使っており、地元通によると1号の方が、お湯が良いと聞くが、実際に入ると確かに1号の方が濃厚な感じがする。そのせいか、1号源泉の風呂は入浴料がどこも高い。

 

 なお、最近、白峰温泉桑島総湯という廃業した旅館を共同浴場にした施設ができたが、なんともさびしい感じ。

 

 さて、この白峰温泉総湯は、2008年にナナメ向かいへ移転・リニューアルされて、コンクリートの殺風景なつくりだった建物は、木をふんだんに使った立派なものに生まれ変わった。以前は無かったサウナや眺めの良い露天風呂もできて充実したが、その分、入浴料もお高くなってしまった。以前に比べてお湯の塩素臭がちょっと強いのも気になる。

(取材:2006年09月/2009年09月 若井)

※情報内容は変更されることがありますので、おでかけの前にご確認ください。

おすすめ商品

ページの先頭へ

自然人Facebook