ホーム > おでかけガイド > 北陸の日帰り温泉ガイド > 石川県の温泉 > めおと岩温泉 ラクヨウ

疲れも吹き飛ぶ 石川県の日帰り温泉ガイド

めおと岩温泉 ラクヨウ

泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病 など
入浴料 大人370円 小学生100円 3歳以上50円 ※補助券割引あり
営業時間 平日15:00~21:00 土日祝日12:30~21:30
休館日 第3月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
近くの観光地 手取峡谷、夫婦岩
住所 石川県白山市河内町江津い23-1
お問い合わせ 076(272)4126 ホームページ

Dr.若井の温泉レビュー ※記載内容は取材時のものです。

 家から近い温泉のひとつ。だいたい車で15分ほど。わが家の符牒では「山の温泉」と言えばここを示す。単純に山方面に向かって最初にある温泉って意味(笑)。

 

 施設自体は特に特徴もなく、しいて言えば、脱衣所から浴室へ続く通路になぜかミストシャワーがあり、ボタンを押すと通路がまるで洗車機の中みたいになる(笑)。これで身体をきれいにしてから入れってことだろうか?

 さて、浴槽はノーマルとジャグジーの2タイプ。レジオネラ菌対策で最近激減したジャグジーもここでは健在だ。

 泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性低温泉)。ほとんど無色透明、無味無臭である。お湯に強烈な個性は感じられないが、じんわりと体に効いてくる感じがする。循環、加温、塩素消毒も行っているが、あまり臭いはしない。

 温泉分析表を見ると湧出は毎分820リットル(動力)とある。これが本当だとするとそこら辺の大温泉郷を上回るかもしれない相当な量だが、それでも循環。 「資源を有効に活用するため循環…」と書かれた張り紙があるが、ここでは温泉資源ではなく、湯温が低いためお湯を沸かす燃料の節約ということだろう。加温して垂れ流しにしている温泉もあるが、やっぱりもったいない。

 

 この温泉の一番の特徴は、とにかく来場するお客さんの平均年齢が低いというではないか。夕方の混んでいる時間帯に行くと10~30代という、田舎の温泉ではあまり見かけない世代が中心である。

 この温泉がある旧河内村は田舎に住みたいと思う金沢市民の心をぐぐっとつかむことに成功し、ここに住んで金沢に通う若い世帯も多い。そんな人たちが休日には三々五々、この温泉にやってくるようだ。若い人が多いとなんとなく活気があって良いなぁ…と思うようになったのは、自分が歳をとったからだろうか。

(取材:2006年12月 若井)

※情報内容は変更されることがありますので、おでかけの前にご確認ください。

おすすめ商品

ページの先頭へ

自然人Facebook