ホーム > おでかけガイド > 北陸の日帰り温泉ガイド > 福井県の温泉 > かわだ温泉 ラポーゼかわだ

疲れも吹き飛ぶ 福井県の日帰り温泉ガイド

かわだ温泉 ラポーゼかわだ


写真提供:福井県観光連盟

福井県鯖江市のラポーゼかわだに湧く温泉。含硫黄ナトリウム炭酸水素塩硫酸塩泉という肌がすべすべになる重曹泉と動脈硬化防止に効能のある芒硝泉が同時に含まれる珍しい泉質。日帰り入浴はもちろん宿泊もでき、パンやパスタ、うどん作りなど体験メニューが豊富。お風呂は洋風と和風があり、定期的に男女入れ替わる。森を眺めながら入る露天風呂は癒し効果抜群。

泉質 含硫黄、ナトリウム、炭酸水素塩、硫酸塩泉(含芒硝重曹泉)
効能 切り傷、火傷、動脈硬化、慢性皮膚症 など
入浴料 大人500円 3歳以上小学生以下250円 ※回数券あり
営業時間 10:00~23:00 ※最終受付22:00
休館日 奇数月の第1火曜日 ※機械点検のため変更になる場合あり
近くの観光地 うるしの里会館
住所 福井県鯖江市上河内町19-37-2
お問い合わせ 0778(65)0012 ホームページ

※自然人26号より転載

Dr.若井の温泉レビュー ※記載内容は取材時のものです。

 「かわだ温泉」は、越前漆器の里として知られる鯖江市河和田地区に程近い温泉で、「ラポーゼかわだ」という施設があります。宿泊をメインに、パン作りや手打ちそば、ハーブを使ったリース作り、バーベキュー、貸し農園と、とにかく充実した施設です。

 訪ねた日は春まだ遠い冬の休日。あたり一面は銀世界で、屋外の施設は埋もれてしまっていましたが、それでも駐車場は満車という賑わい。空腹で温泉に入るのはまずいと、とにかく併設のレストランへ。休日限定の「おろしそばと古代米のかやくご飯」セットを注文。

 あまり期待していませんでしたが、これがなかなか美味しい。料金も手ごろだし、ボリュームもありました。

 

 食事を終え、ロビーに行くと館内に焼きたてのパンの香りが立ち込めています。

「そういえばパン作りができたんだっけ」と、フロントに向かうと、「あいにく本日は予約でいっぱいでして……」とすまなそう。「んじゃあ、リース作りは?」「すいません。本日行っている全てのプログラムが予約でいっぱいでして……」。

 

 気を取り直して、温泉がある別館へ。ここは色々な施設が別棟で建っていますが、みんな渡り廊下でつながっているので、雪や雨の日は助かります。休憩ロビー、脱衣所、そして浴室はどれも広く、大勢の人がいるにもかかわらずそんな感じはしません。掃除が行き届いているのも感心です!

 

 泉質は、含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩・硫酸塩泉で、芒硝泉と重曹泉の混合泉というのは全国的にも珍しいものだといいます。茶褐色の湯で、肌触りがすごく良くて、入った瞬間に、「これは良い湯」と分かります。屋内には大きなものと小さくて浅めの浴槽が2つ。なぜか小さい方は白湯のようでした。

 

 特筆すべきは露天風呂。杉木立の斜面を見上げながら入れるつくりで、屋内よりもさらにお湯がナチュラルな感じ。滝や小川が流れるとどこかに書いてありましたが、すべて雪の中で何も見えませんでした(笑)。

 

 ちなみに、浴室は和風と洋風があり、日替わりで男女入れ替えになるそうです。私が入ったのは和風でしたが、写真で見ると洋風の露天風呂はちょっと違和感が……。

 

 この温泉が近所にあったら毎週でも行きたいと思いますが、金沢からはちょっと遠い。でも、福井方面へ出かけた際は、「多少寄り道しても行きたい」。そんな気にさせてくれる温泉です。

(取材:2005年3月 若井)

※情報内容は変更されることがありますので、おでかけの前にご確認ください。

ページの先頭へ

自然人Facebook