ホーム > イベント情報 > 没後100年 富岡鉄斎

没後100年 富岡鉄斎

2024年07月12日[金] ~09月04日[水] 

世に「最後の文人画家」として称えられる富岡鉄斎(とみおかてっさい、1836-1924)。幕末の京都に生まれ、幅広い学問と多様な流派の絵画を学び、深い学識に裏付けられた豊かな画業を展開しました。彼の作品は、同時代の画壇の巨匠たちや京・大阪の町の人々、新時代の青年画家たちをはじめ、今日まで国内外で高く評価されています。

2024年の大みそか、鉄斎は没後100年を迎えます。これを機に、本展では彼の画業と生涯をあらためて回顧します。名作として知られる作品はもちろんのこと、近年になって再発見された作品、また画室を彩った文房具や筆録等も取り上げ、鉄斎の日常も垣間見ていただきます。

当館では約10年ぶり、3回目となる鉄斎展、今までとはひと味ちがった切り口でお楽しみください。

(注)本展は2024年4月2日~5月26日に京都国立近代美術館にて開催される「没後100年・富岡鉄斎」の巡回展ですが、一部京都会場とは異なる作品を展示予定です。

開催日 2024年07月12日[金] ~09月04日[水]   休館日:月曜日(7月15日、8月12日、9月2日は開館)、7月16日、8月6日
開催時間 09時30分~18時00分   ( 入室は17時30分まで )
主催 富山県水墨美術館
対象 どなたでも
参加費 【観覧料】当日一般:1,500円(1,200円)/大学生:1,200円(1,000円)、前売一般:1,200円
()内は20人以上の団体料金
申し込み 不要
お問い合わせ 富山県水墨美術館
〒930-0887   富山県 富山市 五福777番地
TEL:076-431-3719    FAX:076-431-3720
URL https://www.pref.toyama.jp/1738/

ページの先頭へ