ホーム > 北陸三県おすすめイベント

編集部が選ぶ!北陸三県おすすめイベント

1月~2月のおすすめイベント

いよいよ年が明け、2019年がスタートします!

一年で一番寒さが厳しくなる1~2月は、冬ならではの美しい自然風景が見られる時期でもあります。
しっかりと防寒対策をして、思い切って外に飛び出してみてはいかがでしょう?
そのほか、暖かい屋内で行う、冬ならではのものづくりイベントもご紹介します。

また、北陸の各施設では他にも数多くのイベントが開かれています。
詳しくはイベント情報をご覧ください。

冬だけの特別な体験はいかが?雪上歩き&野生動物ウォッチング

ニホンザル、ニホンカモシカ、イヌワシなど野生の動物を自然のままの姿で観察できるブナオ山観察舎。毎年11月中旬に開館となり、翌年の春まで、大自然のドラマを間近に見られる施設として知られています。
積雪の時季のオススメが、かんじきを履いての雪山歩き体験。観察舎周辺の雪の森に出かけ、自然を観察したり尻滑りで雪と遊んだりできる、ここだけのお楽しみがたっぷり。冬だからこそ見られる美しい雪原の風景と、その寒さをぜひ体感してみてください。


かんじきを履けば雪の上をサクサク歩けます(^^♪

ブナオ山観察舎かんじきハイク

開催日時: 12月~4月の土曜・日曜・祝日(積雪時のみ)
10時~12時、13時~15時の間で1~2時間程度
開催場所: ブナオ山観察舎

イベント詳細はこちら

おすすめ一覧に戻る

3年ぶりの部分日食と冬の天体を観察しよう!

1月6日、日本で3年ぶりの天体ショー「部分日食」が観測されます。当日、いい天気に恵まれたら黒部市吉田科学館に足を運んでみませんか? 専門家の解説のもと、専用の観測機材を使った安全で楽しい日食観察ができます。

※天気が悪い場合は中止します。

他にも、黒部市吉田科学館では毎月季節の星空を楽しむ天文教室を開催しています。1~2月のテーマは冬の星座や月、火星、天王星に加え、すばる(プレアデス星団)、オリオン大星雲といった冬を代表する天体です。こちらは夜の教室なので、防寒対策は万全に。

※天気が悪い場合は屋内のプラネタリウムで星空解説を行います。


お目当ての天体は見つかるでしょうか?

天文教室(部分日食観察会)

開催日時: 2019年1月6日(日)
8時30分~11時30分
開催場所: 黒部市吉田科学館
※雨天中止

天文教室(冬の星座、月、火星、天王星、すばるの観察)

開催日時: 2019年1月19日(土)
19時~20時
開催場所: 黒部市吉田科学館
※雨天の場合プラネタリウムで星空解説

天文教室(冬の星座、月、火星、天王星、オリオン大星雲の観察)

開催日時: 2019年2月16日(土)
19時~20時
開催場所: 黒部市吉田科学館
※雨天の場合プラネタリウムで星空解説

イベント詳細はこちら

天文教室(部分日食観察会)

天文教室(冬の星座、月、火星、天王星、すばるの観察)

天文教室(冬の星座、月、火星、天王星、オリオン大星雲の観察)

おすすめ一覧に戻る

寒い時期こそ野鳥観察!冬の三方五湖で今しか会えない鳥を探す

北陸の冬は越冬する鳥によって野鳥の種類が増え、初心者でも野鳥が見つけやすくなる季節。1月19日は三方五湖の一つ、久々子湖(くぐしこ)でビギナー向けの探鳥会が開かれます。野鳥の会会員による解説や案内があり、初めての人にもおすすめです。
2月3日の探鳥会のターゲットはオジロワシとコハクチョウ。どちらも越冬のために三方五湖を訪れる冬鳥です。特にオジロワシは国の天然記念物。見つけられたらラッキーかも?
寒い冬だからこそ見られる鳥はたくさんいます。この冬に、ぜひバードウォッチングを楽しんでみましょう。


珍しい鳥が見つかるかな?

三方五湖自然教室「バードウォッチング 冬 ビギナーのための探鳥会in久々子湖」

開催日時: 2019年1月19日(土)
9時~11時30分
活動場所: 久々子湖周辺
※募集は定員に達した場合締め切ります

三方五湖自然教室「バードウォッチング 冬 オジロワシとコハクチョウを観察しよう」

開催日時: 2019年2月3日(日)
9時~11時30分
活動場所: 三方湖周辺
※募集は定員に達した場合締め切ります

イベント詳細はこちら

三方五湖自然教室
「バードウォッチング 冬 ビギナーのための探鳥会in久々子湖」

三方五湖自然教室
「バードウォッチング 冬 オジロワシとコハクチョウを観察しよう」

おすすめ一覧に戻る

竹スキーを作って遊び冬の森を感じてみよう

「自作の竹スキーに乗ろう」では、頼成の森のモウソウチクで竹スキーを作り、森林科学館前の斜面で試走します。竹スキーは昔の子どもにとって定番の雪遊び。作り方を覚えたら、家族や友人にも作り方を教えてあげましょう。
2月には雪の森林を探検するイベントも開催! かんじき等を履いて森を歩き、生き物のサイン(痕跡)を観察します。冬は雪の上に足跡が残りやすく、葉も落ちて明るくなり、生き物を見つけやすい季節。最後は屋内でキノコ鍋を味わい、冷えた体を温めましょう。

※いずれも事前申し込みが必要です。

(上)自作の竹スキーで滑ってみよう
(下)雪の中を歩く服装を忘れずに

自作の竹スキーに乗ろう

開催日時: 2019年1月20日(日)
9時30分~12時
開催場所: 森林科学館研修室
※募集は定員に達した場合締め切ります

冬の森の中を探検

開催日時: 2019年2月3日(日)
9時30分~13時
開催場所: 頼成の森 及び 森林科学館研修室
※募集は定員に達した場合締め切ります

イベント詳細はこちら

自作の竹スキーに乗ろう

冬の森の中を探検

おすすめ一覧に戻る

北陸の冬の風物詩「かき餅」と「かんじき」作りに挑戦!

北陸の冬の風物詩「かき餅」を作ってみませんか? 無農薬、無化学肥料で育てたもち米で、昔ながらのおやつ作りを楽しみましょう! かき餅をおいしく食べるには作った後の乾燥が大切。カラフルなかき餅が吊るされていると食べるのがもったいなくなるかもしれませんが、おいしいうちにいただきましょう。
他にも、センターでは伝統的なスノーシュー「かんじき」作り体験を開催するなど、寒い冬を楽しむ体験メニューが盛りだくさんです!

(上)かき餅が吊るされている光景は冬ならでは
(下)雪山歩きの必需品「かんじき」

かき餅づくり体験教室

開催日時: 2019年1月27日(日)
9時30分~11時
開催場所: 越前市エコビレッジ交流センター
※募集は定員に達した場合締め切ります

「かんじき」をつくってみよう

開催日時: 2019年2月2日(土)
9時30分~12時
開催場所: 越前市エコビレッジ交流センター
※募集は定員に達した場合締め切ります

イベント詳細はこちら

かき餅づくり体験教室

「かんじき」をつくってみよう

おすすめ一覧に戻る

雪上運動会に参加したり、手打ちうどん作りにチャレンジしたり

石川県立白山青年の家では、一年を通し「ファミリーチャレンジ」を実施しています。白山ろくの食文化を知ることや自然の中でのキャンプ、ものづくりなどの創作活動を通して、家族が協力することで絆を深め、他の家族とも交流を持ちます。この冬のオススメは、ボランティアスタッフが企画する冬のフェスティバル「雪はともだち」。雪上運動会、アイスクリーム作りなどを行います。また「親子DE手打ち!うどん・そば」では手打ちうどん&そば作りに挑戦。ぎゅぎゅっと踏むとコシのあるうどんができあがりますよ。


親子で力をあわせて麺打ちを

ファミリーチャレンジ「雪はともだち」

開催日時: 2019年2月16日(土)
9時30分~15時
開催場所: 石川県立白山青年の家
※募集は定員に達した場合締め切ります

ファミリーチャレンジ「親子DE手打ち!うどん・そば」
■Aコース「うどん」

開催日時: 2019年2月23日(土)
9時30分~15時
開催場所: 石川県立白山青年の家
※募集は定員に達した場合締め切ります

ファミリーチャレンジ「親子DE手打ち!うどん・そば」
■Bコース「そば」

開催日時: 2019年2月24日(日)
9時30分~15時
開催場所: 石川県立白山青年の家
※募集は定員に達した場合締め切ります

イベント詳細はこちら

ファミリーチャレンジ「雪はともだち」

ファミリーチャレンジ「親子DE手打ち!うどん・そば」 Aコース「うどん」

ファミリーチャレンジ「親子DE手打ち!うどん・そば」 Bコース「そば」

おすすめ一覧に戻る

ページの先頭へ