ホーム > フォトコミュニティ > 七七丸さん、もう1度写して来ました(1)

七七丸さん、もう1度写して来ました(1)

撮影者
yamatyan(石川県/男性/70代)
撮影場所
石川県加賀市山中温泉下谷町 
登録日
2013/03/20
撮影日
2013/03/20
閲覧数
414

削除依頼

写真およびコメントの取り扱いについて

  • 写真およびコメント投稿者以外であっても、自然人ネットの利用規約に反していると思われる写真およびコメントについて、削除依頼をすることができます。削除依頼のお申し出については、削除依頼フォームからのご連絡をお願い致します。
  • 削除依頼のありました写真およびコメントにつきましては、編集部の判断に基づき対処させていただきます。利用規約に反していると判断した場合は、投稿した方の意思にかかわらず写真およびコメントを削除するなどの措置を講じる場合があります。削除措置の判断基準につきましてはお答えしかねますので、ご了承ください。
  • また、繰り返し利用規約違反が行われていることが確認された場合、当該ユーザーには自然人ネットへの投稿禁止の措置をとらせていただくことがあります。
    投稿禁止措置の判断基準につきましても、お答えしかねますのでご了承ください。

ご利用者の皆さまには、再度自然人ネットの利用規約をご確認いただきますようお願い申し上げます。

削除依頼フォームボタンの設置場所

削除依頼フォームボタンの設置場所

七七丸さん、もう一度写して来ました。これでどうでしょうか。

コメント

  • 七七丸(福井県/男性/50代) 2013/03/20(水) 15:46

    yamatyanさん、
    雨がふっていたでしょうに、わざわざすみません。
    カラタチバナです。
    確認しますが、背丈は40cmくらい。ヤナギみたいな葉っぱは15cmくらい、の大きさですね。

    ヤブコウジ科のヤブコウジ属の仲間です。実の付き具合の派手さで、
    マンリョウ、カラタチバナ(ヒャクリョウ)、ヤブコウジ(ジュウリョウ)という名前がついています。
    センリョウ科のセンリョウは実が上向きにつきます。ヒトリシズカやフタリシズカの仲間です。
    万両、千両、百両、十両、とくれば、一両もあるのですよ。
    「千両、万両、有り通し」の洒落で飾られるアリドオシの赤い実が一両です。

    カラタチバナが自生しているんですね。福井県では産地極限(小浜)で準絶滅危惧種です。

  • bluebird(石川県/男性/70代) 2013/03/20(水) 17:54

    七七丸さんはやっぱり植物博士です。
    確かにカラタチバナ(ヒャクリョウ)ですね。
    支えが取れました。
    おまけにマンリョウからイチリョウまであるとはビックリです。
    これにて一件落着です。ぁ.*゚::リ.。:が..と*.ぅ゚:.ございました.(o´∀`人)

  • yamatyan(石川県/男性/70代) 2013/03/20(水) 18:00

    七七丸さん、有難う御座います。カラタチバナ(唐橘)百両金とも言うのですね。又種類も沢山有るのですね。同じ葉のカラタチバナ。ネットで見つけました。本当にご苦労かけました。分かってスッキリしました。有難う御座いました。

ページの先頭へ

自然人Facebook