ホーム > フォトコミュニティ > 棚田の稲刈り進む

棚田の稲刈り進む

撮影者
kisen(石川県/男性/50代)
撮影場所
石川県輪島市 
登録日
2020/09/27
撮影日
2020/09/22
閲覧数
56

削除依頼

写真およびコメントの取り扱いについて

  • 写真およびコメント投稿者以外であっても、自然人ネットの利用規約に反していると思われる写真およびコメントについて、削除依頼をすることができます。削除依頼のお申し出については、削除依頼フォームからのご連絡をお願い致します。
  • 削除依頼のありました写真およびコメントにつきましては、編集部の判断に基づき対処させていただきます。利用規約に反していると判断した場合は、投稿した方の意思にかかわらず写真およびコメントを削除するなどの措置を講じる場合があります。削除措置の判断基準につきましてはお答えしかねますので、ご了承ください。
  • また、繰り返し利用規約違反が行われていることが確認された場合、当該ユーザーには自然人ネットへの投稿禁止の措置をとらせていただくことがあります。
    投稿禁止措置の判断基準につきましても、お答えしかねますのでご了承ください。

ご利用者の皆さまには、再度自然人ネットの利用規約をご確認いただきますようお願い申し上げます。

削除依頼フォームボタンの設置場所

削除依頼フォームボタンの設置場所

人海戦力は強し

コメント

  • モーニング(石川県/男性/50代) 2020/09/28(月) 07:21

    稲刈り最中ですね。段々の田んぼでは、機械が入らず、人の手でするしかないですね。昔の人の苦労がわかります。これは、田んぼの散髪ですね。(笑)私も散髪してこなくては。

  • kisen(石川県/男性/50代) 2020/09/30(水) 09:15

    モーニングさん、おはようございます

    思わず私も頭に手を当て、散髪に出かけました。すっきりしすぎて涼しくなりました。

  • やま仙人(石川県/男性/70代) 2020/09/30(水) 17:14

    私の実家の田んぼもこんな感じで、(春)馬に鋤、砕土機を引かせ、転がしの目に沿って田植え、(夏)畔草を刈って道路上で乾燥させて冬季の餌、(秋)鎌で手刈り、12把で1把を平均6把担いで畔から滑り落ちながら道路まで畔歩き、月明りの中で稲架掛け、夕飯後に脱穀、(冬)藁でサンダワラ、こもを編み、足踏み機械で作って縄は近所の製材所に買って貰って小遣いに・・・・・思い出させて頂き感謝です。

ページの先頭へ