ホーム > フォトコミュニティ > 結実したヒガンバナ

結実したヒガンバナ

撮影者
七七丸(福井県/男性/50代)
撮影場所
福井県敦賀市井川 
登録日
2011/10/29
撮影日
2011/10/29
閲覧数
601

削除依頼

写真およびコメントの取り扱いについて

  • 写真およびコメント投稿者以外であっても、自然人ネットの利用規約に反していると思われる写真およびコメントについて、削除依頼をすることができます。削除依頼のお申し出については、削除依頼フォームからのご連絡をお願い致します。
  • 削除依頼のありました写真およびコメントにつきましては、編集部の判断に基づき対処させていただきます。利用規約に反していると判断した場合は、投稿した方の意思にかかわらず写真およびコメントを削除するなどの措置を講じる場合があります。削除措置の判断基準につきましてはお答えしかねますので、ご了承ください。
  • また、繰り返し利用規約違反が行われていることが確認された場合、当該ユーザーには自然人ネットへの投稿禁止の措置をとらせていただくことがあります。
    投稿禁止措置の判断基準につきましても、お答えしかねますのでご了承ください。

ご利用者の皆さまには、再度自然人ネットの利用規約をご確認いただきますようお願い申し上げます。

削除依頼フォームボタンの設置場所

削除依頼フォームボタンの設置場所

昼に、ヒガンバナは結実しない、と言いましたが、
結実したヒガンバナがありました。
しかし、雌蕊がすべて結実するわけではありません。
ヒガンバナの染色体は3倍体だから、
減数分裂できない、すなわち、精子と卵子に分裂できないので、
基本的に実が出来ないのです。種無しスイカをつくる原理と同じです。たまに、結実しても、実が発芽することはさらに稀です。
もし、お庭に突然ヒガンバナが生えてきたりしたら、それは、
非常に稀にとんできた種の発芽なので、大事に育ててください。

コメント

  • bluebird(石川県/男性/70代) 2011/10/29(土) 20:02

    七七丸さん、ヒガンバナの増殖には地下茎(球根、正確には鱗茎:りんけい)を使うんですね。田畑のネズミ、モグラ退治、墓地の匂い消しに使うとか。そういえば良く見かけます。

  • 七七丸(福井県/男性/50代) 2011/10/29(土) 20:35

    bluebirdさん、
    コゲラの写真ではお手を煩わせしました。
    ヒガンバナには、そのような他の生物をよせつけない、
    言わば自身が毒で武装しているところがあります。
    しかし、この花の鱗根は飢饉のときの非常食とされました。
    毒抜きの方法があるそうです。残念ながら存じ上げませんが。

ページの先頭へ

自然人Facebook