ホーム > 雑誌・書籍 > 自然人 > 第51号

自然人 第51号

狩って食べる山のめぐみ「北陸の狩猟」



急増するイノシシ、シカによる被害が深刻化する中で、再び注目されている狩猟(ハンティング)。
昔から受け継がれてきた狩猟文化や現在の狩猟のこと、獣害、獣肉(ジビエ)が食べられる飲食店など、多角的に取り上げた特集です。

  • マタギの技を受け継ぐ羽入の狩猟集団 川端 典子
  • おいしい猪肉を食べたことありますか? 有本 勲
  • 実はおいしくて将来有望な鹿肉 若狭ジビエ工房(取材)
  • 獣害は食べて減らせるのか?
  • 至福の獣肉(ジビエ)料理店
  • 狩猟のイロハから猟友会の役割まで
  • 60代で猟師デビューした人に聞く。狩猟の魅力とは?
  • 自然人的文学の小窓 狩り 西本 陽子

表紙写真/雪の森で出会った雄ジカ(森 勝彦)

  • 里山のいのちの営み 森 勝彦

    写真家・森勝彦さんが、フィールドを里山に移して、さまざまないのちの営みを撮りおろします。撮影時のエピソードなどをつづったエッセイと合わせ、独自のカメラアイでとらえた里山の四季を紹介しています。

  • 悠久の大地の物語
    音海断崖
     吉澤 康暢

    北陸各地にある景勝地や名勝地には、その独特の地形に大地の生い立ちの様子を今に伝える痕跡がたくさん残されています。印象深いこれらの風景が誕生した不思議に思いを馳せながらの名所案内を毎号掲載しています。

  • 自然人に会う 
    金沢に残っているモノを今に生かす人に会う 小津 誠一さん

    毎号、北陸で活躍されている“自然人”を紹介しています。ここで言う“自然人”とは、北陸の自然や風土を愛し、地域を元気にするために頑張る老若男女たち。皆さんに勇気と元気を授けてくれる、そんな方々が毎回登場します。

  • レッツ・エコライフ エコ食育 
    風土フードの「れんこん」を味わおう

    青海 万里子・椿下 佳子

    その産地のものを旬の時期に食べることを「旬産旬食」と言い、体に良くて地球環境にもやさしく、地域の農業を復興させる効果もあります。毎回、その季節にあった食材と料理を紹介します。

  • 新連載
    自然人編集部が見つけた 北陸の逸品
  • 自然人あんぐる
    シタベニハゴロモ/小幡 英典
    ガガブタ/川住 清貴
    ホトケドジョウ/松田 隆喜
    ミル/池森 貴彦
    星空から地球を感じる/中川 達夫
    雲の形状学/村井 昭夫
  • NATURE-HUNT
    氷雪八景/栂 典雅
  • 巨樹をめぐる
    福井県小浜市周辺エリア/石川県巨樹の会
  • 山川草木に、ふと/赤花 俊太郎
  • 奇想天外! 身近な自然
    甘エビの不思議
  • 『工芸』という宇宙。は続く
    工芸意匠の季節感/山崎 達文
  • ○○で考えた。
    城跡で・能登の里山で・雄島で
  • ちょっと軽井沢へ ~ピッキオで自然と遊ぶ~
    冬の軽井沢、氷の世界へようこそ
  • 新しい発見を求めて隣県の博物館へ
    岐阜編 中津川鉱物博物館
  • 編集部が選ぶこの一枚
  • 安い・新鮮・安心の直売所へ行こう!
    竹の浦館
  • 登録有形文化財を訪ねる
    鬼谷川堰堤
  • 読者と自然人をつなぐページ We Love 自然人
  • 自然人的な北陸
  • 2016年12月~2017年2月 冬
    おすすめ おでかけ情報

注文する

「自然人」第51号 【冬】
定価760円(税込) 2016年12月1日発行

最新号が買える書店

「自然人」最新号は、石川・富山・福井の主な書店のほか、下記の書店の一部店舗でも販売しています。在庫につきましては、各書店の「店頭在庫検索」等でご確認ください。

※売り切れの場合もありますので、「自然人が買える本屋さん」からお近くのお店にお問い合わせの上、お出かけください。

ページの先頭へ

自然人Facebook