ホーム > イベント情報 > 特別講演会「大伴家持の時代には立山の高さは何mだったか?~測地学と立山隆起~」

特別講演会「大伴家持の時代には立山の高さは何mだったか?~測地学と立山隆起~」

2020年02月23日[日] 

このイベントは終了しました


北アルプスはなぜ高いのか。最新研究からそのナゾを解き明かす講演です。

講師:川崎一朗 氏
(東濃地震科学研究所、富山県立大学客員教授、京都大学名誉教授)

※講演の他、日本黒部学会員による新川ジオさんぽの活動や3Dプリンターを使った地学教育の報告もあります。

アクセスマップ

開催日 2020年02月23日[日]  
開催時間 13時30分~16時30分   ( 受付 13:00~ )
主催 日本黒部学会
対象 どなたでも(一般向け)
参加費 無料
申し込み 不要
お問い合わせ 黒部市吉田科学館
〒938-0005   富山県 黒部市 吉田574-1
TEL:0765-57-0610    FAX:0765-57-0630
e-Mail info@kysm.or.jp
URL http://kysm.or.jp/

ページの先頭へ