ホーム > フォトコミュニティ > 美田

美田

撮影者
Noto yama(石川県/男性/70代)
撮影場所
石川県羽咋市神子原町 

アクセスマップ

登録日
2015/09/28
撮影日
2015/09/27
閲覧数
241

削除依頼

写真およびコメントの取り扱いについて

  • 写真およびコメント投稿者以外であっても、自然人ネットの利用規約に反していると思われる写真およびコメントについて、削除依頼をすることができます。削除依頼のお申し出については、削除依頼フォームからのご連絡をお願い致します。
  • 削除依頼のありました写真およびコメントにつきましては、編集部の判断に基づき対処させていただきます。利用規約に反していると判断した場合は、投稿した方の意思にかかわらず写真およびコメントを削除するなどの措置を講じる場合があります。削除措置の判断基準につきましてはお答えしかねますので、ご了承ください。
  • また、繰り返し利用規約違反が行われていることが確認された場合、当該ユーザーには自然人ネットへの投稿禁止の措置をとらせていただくことがあります。
    投稿禁止措置の判断基準につきましても、お答えしかねますのでご了承ください。

ご利用者の皆さまには、再度自然人ネットの利用規約をご確認いただきますようお願い申し上げます。

削除依頼フォームボタンの設置場所

削除依頼フォームボタンの設置場所

「黒い稲穂」田に初めて、出会う。
黄金の稲穂とは異なった美しさ。
食した時の、コメの味は?

コメント

  • やま仙人(石川県/男性/60代) 2015/09/28(月) 05:21

    神子原の古代米収穫は11月、毎年この稲藁を貰って正月用の〆飾りを作っています。

  • Noto yama(石川県/男性/70代) 2015/09/28(月) 14:47

    やま仙人さん、稲の収穫期もそろそろ終盤ですね。
    当日、小金森から碁石が峯へのハイクを終え、神子原集落へ下山。
    集落近くの稲田に黒ずんだ稲穂。
    背丈が高く、倒伏してなく、晩稲の稲だなーと推測。
    これを「古代米」と表現なんて、、、。
    萎びた「脳みそ」に新語として登録するか?

  • やま仙人(石川県/男性/60代) 2015/09/28(月) 17:05

    NOTOYAMAさん、古代米はもち米の原種、よって背丈が長くて収穫も少なく、刈入れも遅いく風で倒れやすいので敬遠されます。これを作付する人は風流人です。田植えも6月末と遅い。

ページの先頭へ

自然人Facebook