ホーム > フォトコミュニティ > ミヤマカワトンボのオベリスク姿勢

ミヤマカワトンボのオベリスク姿勢

撮影者
kisen(石川県/男性/50代)
撮影場所
石川県輪島市 
登録日
2015/07/22
撮影日
2015/06/14
閲覧数
347

削除依頼

写真およびコメントの取り扱いについて

  • 写真およびコメント投稿者以外であっても、自然人ネットの利用規約に反していると思われる写真およびコメントについて、削除依頼をすることができます。削除依頼のお申し出については、削除依頼フォームからのご連絡をお願い致します。
  • 削除依頼のありました写真およびコメントにつきましては、編集部の判断に基づき対処させていただきます。利用規約に反していると判断した場合は、投稿した方の意思にかかわらず写真およびコメントを削除するなどの措置を講じる場合があります。削除措置の判断基準につきましてはお答えしかねますので、ご了承ください。
  • また、繰り返し利用規約違反が行われていることが確認された場合、当該ユーザーには自然人ネットへの投稿禁止の措置をとらせていただくことがあります。
    投稿禁止措置の判断基準につきましても、お答えしかねますのでご了承ください。

ご利用者の皆さまには、再度自然人ネットの利用規約をご確認いただきますようお願い申し上げます。

削除依頼フォームボタンの設置場所

削除依頼フォームボタンの設置場所

某清流の上流を訪れました。ミヤマカワトンボの雌雄が飛んでいましたが暑い日のためか、時折、トンボは川縁の草木や護岸に止まり休んでいます。その内、トンボはゆっくりと腹から産卵管まで立て始め、オベリスクの態勢となりました。

コメント

  • こしのしらやま(石川県/男性/60代) 2015/07/23(木) 04:51

    暑い日のチョウトンボは尻尾おったてポーズとるので
    不思議に思い調べたら、トンボは温度調節のために
    このポーズするのですってね、それをオベリスク呼ぶこと
    初めて知りました。
    カワトンボは川縁の涼しい所にいても温度下げる必要あうのですか?
    人間が暑い日、オベリスクしたら頭に血が下がりなお暑くなりますね!

ページの先頭へ

自然人Facebook