ホーム > フォトコミュニティ > 白山遥拝所(はくさんようはいじょ)

白山遥拝所(はくさんようはいじょ)

撮影者
福井のじじい(福井県/男性/60代)
撮影場所
福井県岸水町の山林 
登録日
2014/07/19
撮影日
2014/07/19
閲覧数
328

削除依頼

写真およびコメントの取り扱いについて

  • 写真およびコメント投稿者以外であっても、自然人ネットの利用規約に反していると思われる写真およびコメントについて、削除依頼をすることができます。削除依頼のお申し出については、削除依頼フォームからのご連絡をお願い致します。
  • 削除依頼のありました写真およびコメントにつきましては、編集部の判断に基づき対処させていただきます。利用規約に反していると判断した場合は、投稿した方の意思にかかわらず写真およびコメントを削除するなどの措置を講じる場合があります。削除措置の判断基準につきましてはお答えしかねますので、ご了承ください。
  • また、繰り返し利用規約違反が行われていることが確認された場合、当該ユーザーには自然人ネットへの投稿禁止の措置をとらせていただくことがあります。
    投稿禁止措置の判断基準につきましても、お答えしかねますのでご了承ください。

ご利用者の皆さまには、再度自然人ネットの利用規約をご確認いただきますようお願い申し上げます。

削除依頼フォームボタンの設置場所

削除依頼フォームボタンの設置場所

頂上近くにはこんな象が林立し公園風になってます

参考
http://blog.livedoor.jp/otaki_blo/archives/4111143.html

ここの記事の一部ですが、

輝傳馨秀台  輝かがやき傳つどう 馨秀台
   白山連嶂望朝光  白山はくさん 連れん嶂しょう 朝光ちょうこうに望のぞみ
   脚下龍江流影長  脚下きゃっかの龍江りゅうこう 流影長りゅうえいながし
   今立故丘松樹杜  今いま立たつ故丘こきゅう 松樹しょうじゅの杜もり
   深懐祖業緑風香  深ふかく祖業そぎょうを懐おもえば 緑風りょくふう香かんばし


「朝日の中、白山連峰を遠望し、眼下に九頭龍川の流れを眺める。祖先から伝わる松林まつばやしに登り、先祖の仕事を想うにつけて、吹いてくる風の清清しいことよ。」という意味です。
 私は、漢詩を趣味にして本当によかったと思っています。
4回も続いた漢詩の話を終わります。                              (2012.10.22)

コメント

コメントはありません

ページの先頭へ

自然人Facebook