ホーム > フォトコミュニティ > ぶつけ合って真っ黄色になった

ぶつけ合って真っ黄色になった

撮影者
モーニングハズブロークン(石川県/男性/50代)
撮影場所
石川県金沢 
登録日
2014/05/05
撮影日
2014/05/04
閲覧数
292

削除依頼

写真およびコメントの取り扱いについて

  • 写真およびコメント投稿者以外であっても、自然人ネットの利用規約に反していると思われる写真およびコメントについて、削除依頼をすることができます。削除依頼のお申し出については、削除依頼フォームからのご連絡をお願い致します。
  • 削除依頼のありました写真およびコメントにつきましては、編集部の判断に基づき対処させていただきます。利用規約に反していると判断した場合は、投稿した方の意思にかかわらず写真およびコメントを削除するなどの措置を講じる場合があります。削除措置の判断基準につきましてはお答えしかねますので、ご了承ください。
  • また、繰り返し利用規約違反が行われていることが確認された場合、当該ユーザーには自然人ネットへの投稿禁止の措置をとらせていただくことがあります。
    投稿禁止措置の判断基準につきましても、お答えしかねますのでご了承ください。

ご利用者の皆さまには、再度自然人ネットの利用規約をご確認いただきますようお願い申し上げます。

削除依頼フォームボタンの設置場所

削除依頼フォームボタンの設置場所

この時期でした。
子どもの頃、これをとって、雪玉のようにぶつけて遊んでいました。当たると、真っ黄色の粉が付いたようになります。
松の花粉、懐かしい。

若い芯の方は、そっと、水面に浮かべて遊びました。
すると油分が広がり、推進力になります。
それで、その芯の部分が進みます。
子ども時代を思い出します。

コメント

  • やま仙人(石川県/男性/60代) 2014/05/07(水) 12:37

    モーニングハズブロークンさん、私も折った松葉の根元に油を付けて水に浮かべて遊びました。あれから60数年、懐かしいな〜。

  • モーニングハズブロークン(石川県/男性/50代) 2014/05/07(水) 19:30

    コメント、ありがとうございます。
    ヤッパリ!という感じです。それなりの年代の人はそうやって遊んだと思います。
    私の所では、この若い芯をそっと水面につけ、そこからでる油の広がる力が推進力でした。
    あちこちへ、進んでいったのをよく覚えています。

ページの先頭へ

自然人Facebook