ホーム > フォトコミュニティ > 白銀神社

白銀神社

撮影者
七七丸(福井県/男性/50代)
撮影場所
福井県敦賀市白銀町 
登録日
2012/04/13
撮影日
2012/04/12
閲覧数
470

削除依頼

写真およびコメントの取り扱いについて

  • 写真およびコメント投稿者以外であっても、自然人ネットの利用規約に反していると思われる写真およびコメントについて、削除依頼をすることができます。削除依頼のお申し出については、削除依頼フォームからのご連絡をお願い致します。
  • 削除依頼のありました写真およびコメントにつきましては、編集部の判断に基づき対処させていただきます。利用規約に反していると判断した場合は、投稿した方の意思にかかわらず写真およびコメントを削除するなどの措置を講じる場合があります。削除措置の判断基準につきましてはお答えしかねますので、ご了承ください。
  • また、繰り返し利用規約違反が行われていることが確認された場合、当該ユーザーには自然人ネットへの投稿禁止の措置をとらせていただくことがあります。
    投稿禁止措置の判断基準につきましても、お答えしかねますのでご了承ください。

ご利用者の皆さまには、再度自然人ネットの利用規約をご確認いただきますようお願い申し上げます。

削除依頼フォームボタンの設置場所

削除依頼フォームボタンの設置場所

敦賀駅の近く、市街地の中にひっそりと小さな神社がいらっしゃいます。この界隈は火事が頻繁に起こっていたらしく,町の人たちは火難からの守護、町の人たちの心のよりどころとして神社建立を決め,昭和24年にできたそうです。火の神、水の神、そして商売繁昌のお稲荷さんをお祀りしています。
5月の連休には駅前をたいまつの行列が進む火祭りが行われます。

ここの桜は大好きな桜なのですが,区民の方々も同じで,住宅地にあって,根が張っている土地を区民の方々がお金を出し合い購入したそうです。

コメント

  • bluebird(石川県/男性/70代) 2012/04/13(金) 18:00

    サクラを大切にされる住民方々の心意気は立派ですね。“朝顔やつるべ〜もらい水”の句を思い出しました。

    サクラは本当に心の癒し。つい、鮮やかな色に脇見しちゃいがち。おっと気をつけなくちゃ。(*^^*)ポッ

  • 七七丸(福井県/男性/50代) 2012/04/13(金) 21:14

    bluebirdさん、
    この地区は戦前は毎年のように大火に見舞われ,神社へ寄せる思いは深いものがあるのだと思います。
    桜は一本しかありませんが、たくさんの花をつける枝が神社を守っているように覆っています。
    近年宅地として開発されましたし、隣りの区画も分譲される予定でした。しかし、桜の根が張っているために,桜は根こそぎ撤去される運命にあったのだそうです。町内会で土地を買い、今年もきれいな花を見せてくれました。
    この話しは去年、神社の向かい側の旅館の女将さんに聞きました。写真を撮っていると,旅館の2階の部屋へ通してくれました。笑

ページの先頭へ

自然人Facebook