ホーム > 雑誌・書籍 > 自然人 > 第48号

自然人 第48号

北陸で春の到来を寿ぐ「お花見」



自然と共生してきた日本ならではの文化「お花見」。北陸の人々は、寒い冬を過ごしたからこそ、春を謳歌できる「花見」への想いが強いのではないでしょうか。
桜をはじめ、春の到来を告げるさまざまな花々に、情感があふれ出します。

  • 日本人と桜、北陸人と桜 大原 隆明
  • こだわりのお花見弁当 自然人編集部
  • 桜あふれるこの景色を未来へつなぐ 福田 往世
  • 美しい桜を、自分の思い通りに写そう 金山 嘉宏
  • 頭も心もピンク色に染まる! 絶景の桜スポット 自然人編集部
  • これからの季節、出会える花たち 自然人編集部
  • 実りをもたらしてくれる花々 自然人編集部
  • 自然人的文学の小窓 花見 西本 陽子

表紙写真/畠中千春(春まっしぐら)

  • 里山のいのちの営み 森 勝彦

    写真家・森勝彦さんが、フィールドを里山に移して、さまざまないのちの営みを撮りおろします。撮影時のエピソードなどをつづったエッセイと合わせ、独自のカメラアイでとらえた里山の四季を紹介しています。

  • 悠久の大地の物語
    めおと岩
     吉澤 康暢

    北陸各地にある景勝地や名勝地には、その独特の地形に大地の生い立ちの様子を今に伝える痕跡がたくさん残されています。印象深いこれらの風景が誕生した不思議に思いを馳せながらの名所案内を毎号掲載しています。

  • 自然人に会う 
    山嫌いだったのに山岳ガイドになった人に会う 佐伯 知彦さん

    毎号、北陸で活躍されている“自然人”を紹介しています。ここで言う“自然人”とは、北陸の自然や風土を愛し、地域を元気にするために頑張る老若男女たち。皆さんに勇気と元気を授けてくれる、そんな方々が毎回登場します。

  • レッツ・エコライフ エコ食育 
    風土フードの「わかめ」を味わおう

    青海 万里子・椿下 佳子

    その産地のものを旬の時期に食べることを「旬産旬食」と言い、体に良くて地球環境にもやさしく、地域の農業を復興させる効果もあります。毎回、その季節にあった食材と料理を紹介します。

  • 特別企画
    地味なようで奥深くて面白い!
    苔の世界をのぞいてみよう
  • 自然人あんぐる
    クモの眼/小幡 英典
    メダカ/松田 隆喜
    ヒジキ/池森 貴彦
    サギゴケ/川住 清貴
    光環/村井 昭夫
    星空と桜/中川 達夫
  • NATURE-HUNT
    意外! 身近でおいしい春の野草
    栂 典雅
  • 巨樹をめぐる
    石川県金沢市中心部エリア
    石川県巨樹の会
  • 山川草木に、ふと
    赤花 俊太郎
  • 奇想天外! 身近な自然
    夜の木登り名人
  • 『工芸』という宇宙。は続く
    華の造形、纏の世界
    山崎 達文
  • ○○で考えた。
    城跡で・能登の里山で・雄島で
  • ちょっと軽井沢へ ~ピッキオで自然と遊ぶ~
    軽井沢の歴史を語るサクラソウ
  • 暮らしの逸品
  • 編集部が選ぶこの一枚
  • 読者と自然人をつなぐページ We Love 自然人
  • 2016年3月~2016年5月 春
    おすすめ おでかけ情報

注文する

「自然人」第48号 【春】
定価760円(税込) 2016年3月1日発行

最新号が買える書店

「自然人」最新号は、石川・富山・福井の主な書店のほか、下記の書店の一部店舗でも販売しています。在庫につきましては、各書店の「店頭在庫検索」等でご確認ください。

※売り切れの場合もありますので、「自然人が買える本屋さん」からお近くのお店にお問い合わせの上、お出かけください。

ページの先頭へ

自然人Facebook